サイトメニュー
TOPページ
団体紹介
誕生までの道のり
吉野そばの会
扇の里グループ
大茅の里 くらら
楠城周辺整備委員会
新井FIGの会
活動の様子


国府町を雨滝に向かって走っていく途中の長い直線の左側にある集落が、新井(にい)集落です。
「新井の石舟」という石室があり、看板も出ていますので、それを目指して来てください。



新井の集落を通り抜け、谷あいの道を100メートルばかり上ると、
「新井の石舟」と呼ぶ古墳が開口しています。

そこには、長さ1.5メートル、横1メートル深さ0.7メートルの家形石棺があります。凝灰岩を巧みに加工したもので、これには次のような伝説があります。
源平の頃、安徳天皇が岡益に潜行され、その後崩御されました。石舟は、このお供の二位の尼を葬ったので「二位の石舟」といわれていると。

なお、この石棺には常に水をたたえていて、もしこの中の水をかき乱すと100日間雨が降り続くという言い伝えも残っています。

地元、新井集落では、古墳前に籠堂を建て、縁日を定め、「二位の石舟」伝説により供養の祀りを現在も行っています。

ここ新井では、イチジクの栽培が盛んです。その収穫したイチジクを加工して、ジャムやパイを作っているグループが新井FIGの会です。
ここで疑問なのがFIGってどういう意味?

答えは・・イチジクの英訳(「フィグ」と読みます。)
だそうです。「な〜んだ。」という感じですが、勉強になりましたね。

イチジクの木の植栽作業の様子・・村のみんなで頑張りました。


集落で栽培されたイチジクは、ジャムとして加工されます。
そのままでもおいしいですが、それを中に入れて焼き上げた「イチジクパイ」も絶品です。

ただ今、作成中! 待っててね。 丁寧にことこと煮詰めて作りました
これが人気の「イチジクパイ」 サクサクしたパイ皮とジャムのコラボがおいしい!

残念ながら、今のところお店での販売はしていません。
国府町内のイベントの時に販売されています。


おそろいの黄色のジャンパーが目印です。 セールスレディも頑張ってま〜す。


〒680-0225 鳥取県鳥取市国府町新井


JR鳥取駅から車で約15分/鳥取自動車道「鳥取IC」から国道29号線を経由・約35分


大きな地図で見る


新井FIGの会  こちらもご覧ください。


0857-58-0524