サイトメニュー
TOPページ
団体紹介
誕生までの道のり
吉野そばの会
扇の里グループ
大茅の里 くらら
楠城周辺整備委員会
新井FIGの会
活動の様子


「深山のレストラン」農村まるごとレシピ研究会は、鳥取県鳥取市国府町で活躍しています。


扇ノ山・河合谷高原 殿ダム・因幡万葉湖



鳥取県鳥取市国府町は鳥取市の東部に位置し、兵庫県との県境にあります。



国府町は、その昔因幡の国府が置かれ、政治・経済・文化の中心として栄えてきました。
因幡国は山陰道6ヶ国でも上国に位置づけられ、国守に万葉集の編者でも知られる大伴家持、また小倉百人一首で有名な
在原行平、幕府を代表する大江広元など著名な人たちが任命されています。
こうしたことからも、奈良、平安、鎌倉の各時代を通じて、おおいに栄えたことをうかがい知ることができ
全国的にも高く評価されているところです。
このような時代背景から、昭和32年1月1日宇倍野村と大成村が合併した際、町名を因幡の国府にちなんで「国府町」と称しました。
そして、平成16年11月に鳥取県東部9市町村(鳥取市、国府町、福部村、河原町、用瀬町、佐治村、気高町、鹿野町、青谷町)
の合併で鳥取市国府町となりました。

詳しくは下記を参照してください。
 鳥取市公式HP 国府町総合支所

このような風光明美・文化の香り高い国府町で、「深山のレストラン」農村まるごとレシピ研究会は誕生しました。

【研究会のメンバー】
 この、レシピ研究会は5つの団体で構成されています。
 ・吉野そばの会
 ・扇の里グループ
 ・大茅の里 くらら
 ・楠城周辺整備委員会
 ・新井FIGの会

  各団体の詳細については、それぞれの上のメニューからご覧ください。